about us診療内容

 

care診療内容

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、「上まぶたが垂れ下がる」「眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり物が見づらくなったりする状態」をいいます。
眼瞼下垂の人は無意識のうちに視界を確保しようとして、眉を上げ、眼を見開いたり、常に顎をあげながら見るようになります。この慢性的な筋肉の緊張が、頭痛や肩こりの原因になることもあります。
また、眠たそうな印象をあたえたり、額にしわが寄り老けてみえる原因にもなりますので、治療することにより目元がすっきりして明るい印象になります。
そして、もっとも重要な点は、視界が狭くなることは運転等日常生活において大変危険ですので、早期に治療されることをおすすめします。

眼瞼下垂の主な症状

先天性眼瞼下垂:生まれつきまぶたを挙上する眼瞼挙筋の機能に問題がある場合
後天性眼瞼下垂:老人性眼瞼下垂(加齢)コンタクトレンズの長期使用によるものや外傷性などライフスタイルや老化に伴う筋力の低下などが原因で起こります

眼瞼下垂の治療は、保険にて行えます。眼瞼下垂はまず、正しい診断をすることが必要であり、眼瞼下垂の状態や原因を見極めて手術方法をご説明いたします。手術方法は、上眼瞼余剰皮膚切除、挙筋前転法(筋肉を切除しない挙筋短縮法)など、症状に応じて行います。
手術では、細い糸を用い、傷跡が目立ちにくくなるよう努めますのでお気軽にご相談ください。