about us診療内容

 

care診療内容

♣ にきび・にきび跡でお悩みの方へ

にきびに関しては、保険治療や自費治療も含めて、幅広く症状に合わせて治療しています。にきび跡に関しては、保険治療では対応が難しいので、自費治療をメインにお勧めしております。にきびのタイプ・にきび跡のタイプをしっかり見極めて治療を行っております。当院ではその人に合ったにきび・にきび跡の治療方法をご提案しますのでお悩みの方は、ぜひお気軽に当院までご相談ください。

にきび・にきび跡のイメージ写真

♣ にきび・にきび跡のタイプ

にきびのタイプ

  1. 思春期ニキビ
    顔全体に症状が出ており、主に頬やおでこによく見られます。思春期ニキビは成長に伴って出てくるものであり、基本はスキンケアによる保険診療がメインとなってきます。完治というよりは症状を抑え込むことが治療の主体となってきます。
  2. 大人ニキビ
    口元やアゴ周辺に症状が出る点が特徴です。ホルモンバランスの乱れにより起こることが多く、女性では生理前後で悪化する傾向がみられます。当院では、症状に合わせて、保険診療から自費診療まで、幅広く対応しています。

にきび跡のタイプ

  1. くすみ
    毛穴のつまりによるくすみが、にきび跡だとよく思われていることが多く、当院ではしっかり診察した上でくすみ治療に対して毛穴のクレンジングをメインとした治療法を提案しています。くすみがあるお肌の場合には肌のトーンが暗く見えてしまう傾向があります。
  2. 瘢痕・クレーター
    にきびの炎症を繰り返すことによって起こる傷跡の一種です。瘢痕・クレーターがある場合には、化粧ノリが悪くなり、隠せないことで悩んでいらっしゃる患者さんが多いです。当院では、それに対しても対応しております。

スタッフ写真

♣ にきび・にきび跡の治療法

にきびの治療法

  1. 思春期にきび(該当治療法:外用剤、保湿剤、漢方、内服薬、抗生剤)
    基本的に、外用剤と保湿剤の併用による治療をお勧めしております。症状によっては抗生剤や内服薬や、また当院では漢方に関する知識が豊富なため、漢方・内服も併せて、その方に合った治療を提案しています。
  2. 大人ニキビ(該当治療法:ハイドラフェイシャル、脱毛、イオン導入、ピーリング)
    基本的には思春期にきびの治療法と同じですが、まず保険の漢方薬に関しては女性のにきびに対して効く内服薬や漢方が複数種類あるため、更に症状を見極めて対応しております。また、自費診療においてはハイドラフェイシャルや脱毛、ピーリング、イオン導入施術を併せて治療を行うことで更なる効果が期待できます。当院では、複数のにきび治療機器を揃えておりますので、ぜひ一度ご相談ください。

にきび跡の治療法

  1. くすみ(該当治療法:ハイドラフェイシャル、ピーリング、イオン導入)
    くすみでお悩みの場合は、ハイドラフェイシャルでの治療が一番お勧めですが、初心者にはピーリングやイオン導入での治療もお勧めします。
  2. 瘢痕・クレーター(該当治療法:ピーリング、CO2フラクショナルレーザー)
    ダウンタイム(通常の生活に戻るまでの期間)が少ない施術を望まれる方はピーリングでの治療をお勧めしますが、1ヶ月に1回のピーリング治療で治療が完了するまでには相当な回数が必要となります。そのため、より早く、かつ高い治療効果を実感したい方はCO2フラクショナルレーザーでの治療をお勧めしております。ただし、CO2フラクショナルレーザーの場合には、ダウンタイムが長く、頬の赤みや腫れが約1週間から10日ほど出てくるため、それらの経過を気にされない場合にはCO2フラクショナルレーザーでの治療をお勧めします。効果を実感するまでに、2~3ヶ月おきの治療間隔で最低3回の治療をお勧めします。ピーリングについては、1ヶ月ごとの治療間隔で最低10回以上は治療を受けることが必要となってきます。

院内写真

♣ 治療の流れ

  1. ご来院いただいて、まず受付カウンセリングを行います。
  2. 洗顔をしていただき、その後、画像診断機で写真撮影を行います。
  3. ドクター診察を経て、治療を行います。
  4. クーリングが必要なものはクーリングを行い、異常がなければ、お化粧をしてお帰りいただきます。

    ※CO2フラクショナルレーザーの場合は、60分間の表面麻酔を行います。また、4~5日のお化粧は控えていただいております。

洗顔のイメージ写真

♣ 注意点

  • 治療のリスクとしては、かぶれ・痛み・赤み・ひりつき程度です。
  • CO2フラクショナルレーザーはレーザー治療の中でもダウンタイムが長い治療なので、しっかり相談した上で治療を開始するかどうか決めていきます。
  • それ以外の治療に関しては、比較的受けやすい治療となっています。

♣ よくあるご質問

Q.
保険のにきび治療と自費のにきび治療は何が違うのですか?
A.
期待できる効果が異なります。例えば、保険治療では改善が難しい場合でも、ハイドラフェイシャルなどの自費治療を用いることで効果を高めることができます。

Q.
にきびを治すには、どれくらいの期間が必要?
A.
場合によって異なりますが、早ければ2~3ヶ月ほどで、遅くても1年でほとんどの方に効果を実感いただけます。

Q.
にきびは潰すと早く治るというのは本当ですか?
A.
肥大した炎症性にきびについては正しい処置で圧出すると改善しますが、ただし自分でつぶすのは避けてください。必ず診断のもとに行ってください。

Q.
にきび治療はどれぐらい痛いですか?
A.
痛いと言われているCO2フラクショナルレーザーでも表面麻酔をしっかり行ってから治療をしますので、さほど痛みはございません。それ以外の治療に関してはほぼ痛みはありません。

Q.
治療直後や治療期間中のメイクは可能ですか?
A.
CO2フラクショナルレーザー以外は全て直後より可能です。CO2フラクショナルレーザーの場合は、治療当日から4~5日経ってからのメイクをお勧めしております。

♣ 症例写真

にきび・にきび跡:フラクショナルCO2レーザー(1回施術6カ月後)

  • Before

    施術前写真

  • After

    施術後写真

施術名 CO2フラクショナルレーザー
説 明 無数の点状にレーザーをあて、ダメージを受けた皮膚を再生させると同時に、真皮組織の熱収縮によりコラーゲンの再構築を促進させる。
これにより、肌を再生することで、にきび跡の凸凹や小じわ、キメの乱れ、傷跡などの治療がおこなえる。
複数回の施術により効果を期待するもの
施術のリスク 出血、赤み、やけど、色素沈着 等
施術費用 顔下半分(マスクで隠れる範囲)
1回 60,000円
3回セット 171,000円

にきび・にきび跡:フラクショナルCO2レーザー(1回施術6カ月後)

  • Before

    施術前写真

  • After

    施術後写真

施術名 CO2フラクショナルレーザー
説 明 無数の点状にレーザーをあて、ダメージを受けた皮膚を再生させると同時に、真皮組織の熱収縮によりコラーゲンの再構築を促進させる。
これにより、肌を再生することで、にきび跡の凸凹や小じわ、キメの乱れ、傷跡などの治療がおこなえる。
複数回の施術により効果を期待するもの
施術のリスク 出血、赤み、やけど、色素沈着 等
施術費用 顔下半分(マスクで隠れる範囲)
1回 60,000円
3回セット 171,000円