about us診療内容

 

care診療内容

しみ・肝斑

美肌・美白治療・くすみ・スキンケア

しみは、紫外線によるお肌のダメージや、加齢・ホルモンの影響などにより、メラニン色素がうまく排出されずに残ってしまう皮膚トラブルです。しみには色々な種類があり、それぞれ治療方法が異なります。
当院では、肌画像カウンセリングシステムre-Beau(レビュー)を導入しておりますので、必要に応じて肉眼では診断できなかった隠れたしみや肝斑を把握し適切な治療方針を決めていきます。
また、肝斑の治療には従来レーザーは禁忌とされていましたが、肝斑にも有効な最新のレーザーメドライトC6を導入しております。

MedliteC6によるしみ・肝斑の治療

雀卵斑/そばかす

いわゆる「そばかす」のことで、小さく茶色い斑点が目や鼻の周りに多数現れます。
遺伝が関係しており、幼児期頃から見られ、思春期に濃くなります。

老人性(日光性)色素斑

濃い褐色の境界がはっきりとしたしみです。20歳代から徐々にあらわれ、多くの方は40歳以降に顔・手・腕など、紫外線をよく浴びる部分に見られます。

遅発性太田母斑様色素斑(後天性真皮メラノサイトーシス)

主に20歳以上から出現するあざの一種です。
色がグレーや青味を帯びていて多くは両側の頬上部に左右対称に存在します。

肝斑

ほほ骨のあたりや額、口の周りなどに、左右対称性の淡い褐色のしみが現れるのが特徴です。女性ホルモンとの関連が指摘されています。

炎症後色素沈着

にきびや傷、虫刺されなど、肌に炎症が起こった後にできる茶色いしみです。紫外線を浴びてしまうと、さらに濃いしみになることがあります。

当院では、ビタミン剤の内服やハイドロキノンの処方も行っております。医療機関専売品の基礎化粧品もそろえておりますのでお気軽にご相談ください。

肝斑の治療法

今までは、肝斑に対してのレーザー治療は禁忌でしたので、内服を長期間服用することが唯一の治療法でしたが、トーニングを主体とし内服・外用治療と併用することで、より早く効果を実感できます

当院では、シナール・トランサミンや外用薬の処方も行っております。医療機関専売品の基礎化粧品もそろえておりますのでお気軽にご相談ください。

治療方法:光治療 ハイドラフェイシャル レーザー治療 イオン導入 点滴治療 内服治療
外用剤

症例写真

しみ

  • Before

  • After

しみ(レーザー照射後の経過)

  • Before

  • 照射直後

  • 2日後

  • After(3カ月後)

肝斑 メドライトC6 トーニング(5回施術1週間後)

  • Before

  • After