about us診療内容

 

care診療内容

その他 各種美容外科手術

陰唇縮小術

女性の相談で一番多いのが陰唇縮小です。陰唇の大きさや黒ずみ・左右非対称を治したいご相談を受けます。治療には、切開する部分をデザインし、仕上がりが自然な形になるように行います。
リスク・副作用について、腫れ・出血がでる場合がございますが、次第に落ち着いてきますので、ご安心ください。

鼻翼縮小術

小鼻の大きさが気になる・鼻の穴が大きく感じる方にお勧めの手術です。こちらの手術方法は、日本人特有の小鼻の横の広がりを切除することで、鼻の幅を小さくし、バランスの良い顔にします。患者様によって鼻の形・お顔のバランスが違い、施術方法が変わる場合がございますので、時間をかけてカウンセリングを行い、より良い施術方法を考えていきます。
リスク・副作用として治療部位に赤み(内出血)や痛み・腫れが続く場合がございますが、次第に落ち着いてきますのでご安心ください。

乳頭縮小術

元から乳頭が大きい・母乳を与えたことで乳頭が大きくなった・男なのに女性みたいな乳頭をしている方にお勧めの手術です。こちらの手術方法は大きくなっている乳頭を低くしたり、小さくしたりします。
リスク・副作用として、赤みや腫れが続く場合がございますが、次第に落ち着いてきますので、ご安心ください。

口唇縮小

唇が厚いのがコンプレックスだ・たらこ唇が気になる方にお勧めの手術です。こちらの手術方法は、唇の外側の乾いている部分と、内側の湿っている部分の境界あたりから余分な粘膜と筋肉を一部切除して、唇を整えていきます。また、粘膜部分の治りが早いため傷口が目立ちません。
リスク・副作用として、内出血や腫れが気になる場合がございますが、次第に落ち着いてきますのでご安心ください。

瘢痕切除(根性焼き)

若気の至りで根性焼きをしてしまい、悩んでいる方は世の中にたくさんいらっしゃいます。そのまま残しておいても、印象を悪くしてしまうので、過去を断ち、新しい未来を切り開きましょう。
治療には、レーザー治療や手術など様々な方法を用います。ケガの跡・手術による傷跡など傷の状態に応じて、どの方法が最適か形成外科医として培った経験を活かして美しく治るようにつとめます。
リスク・副作用として痛みや出血を伴う場合がございますが、次第に落ち着いてきますのでご安心ください。

巻き爪

「まき爪」とは、爪の端が巻いて内側に巻き込んだ状態のことです。爪が巻いて組織に食い込み、時には炎症を起こして激しい痛みを伴います。
痛みがひどくなると、正しい姿勢で自然に歩くことが困難になり、肩こりや腰痛などを引き起こすこともあります。
「陥入爪」(かんにゅうそう)とは爪の両脇の角が指の組織に深く食い込んだ状態をいいます。
爪が食い込んで周囲に痛みや赤み、炎症がみられ腫れるとさらに爪の角が組織に埋もれるという悪循環になってしまいます。
原因には、靴が合わない(靴による圧迫)、深爪など爪の切り方、遺伝的要素(爪の形)、肥満などがあげられます。
一般外科では単に爪を抜くだけや、巻き込みの部分を切除するだけの処置をすることが多く、再発するケースも少なくありませんが手術すると完治する疾病です。
当院では、クリップを用いた矯正(自費)、フェノールを用いた手術療法をおこなっております。まずはご相談ください。